インプラント治療を始める前には、こ

インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、インプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。
特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させるのがとても大事です。それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方もインプラント治療のリスクが増大します。もちろん、こうした既往症があるだけで絶対治療できないとは言えません。不安がなくなるよう歯科医に相談してください。
金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。
人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といった金属アレルギーがほとんど起こらない素材を用いているのです。インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。全額自費と考えてください。
ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が不安なく進めていけるでしょう。
長い期間と費用をかけたインプラント治療は、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。アフターケアが寿命を決定します。
日頃から丁寧に歯みがきを行い、完璧なプラークコントロールが必要で、自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることが欠かせません。インプラントが虫歯になることはありませんが、ケアが行き届かなくなると歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。
埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。
けれども指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんからその費用もみておかなければなりません。
使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診に通うのが一般的です。
メンテナンスを受けるごとに支払う料金は保険がきく治療がほとんどなので、約三千円とみれば良いでしょう。標準的には、一年に1万円から2万円程度のお金がかかると見積もっておきましょう。
現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなく検査の段階で断られることもあります。ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であればもう少し粘ってみてください。歯科医の腕と設備次第で、少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療できるところが増えてきました。あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして探すことを勧めます。
残念ながら、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。全額自己負担が普通ですが、しかし、医療費控除の対象ではあります。
確定申告することではじめて、医療費控除の対象になり収入から医療費を控除されます。医療費控除を受けようとすれば歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が必ず要求されるのでなくしたらおしまいのものとして暦年で申告することになるので、保管しておいてください。少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。
インプラント治療は、あごの骨を掘って、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。
ですから、見た目を考えれば多くのケースではインプラントが優位に立ちます。
また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないというのが痛いところです。
普通、インプラント埋入手術は日帰りです。
部分麻酔を使うため、入院して手術することはまれです。
ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院して手術しなければならないケースもあります。
また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。
自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。もし、自分が該当すると思われるなら信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばかなりの痛さを想像してしまうでしょう。
インプラント埋入手術では、術中、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから埋入手術を始めるためです。麻酔が切れた後で、腫れてきたり多少の痛みはあるかもしれませんが化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。ほとんどの患者さんは、手術後、違和感を感じるのが普通です。
腫れがおさまると違和感は薄れるため腫れが気になっても、舌などで触るのは止めてここはぐっと我慢してください。ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因を探り、対応していかなくてはなりません。
指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ

一眼レフカメラ