インプラント治療を希望する代表例として、他の歯に影響を

インプラント治療を希望する代表例として、他の歯に影響を及ぼしたくないと、患者が考えている場合です。例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。
これが、インプラントの埋入なら失った歯を直接再生する治療と言えます。
両隣の歯を削って支えにするのはもったいないと要望があるケースではインプラント治療を優先して良いでしょう。インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。
もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで本格的に治療をすすめていくので納得した上で治療を始められます。それから、治療後には、メンテナンスを欠かさず継続することで安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。
歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。
入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨の中にインプラントが埋まらなければ普通は再手術しか手段はなく、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。
それに、埋入手術の際には手術時に神経を損傷する危険を伴います。インプラントは決して虫歯になりませんが、お手入れを必要としないということにはなりません。
傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。
インプラント以外の自分の歯と同じように歯科医や衛生士の指導に従って、セルフケアは欠かさないようにしましょう。また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。
インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、3ステップあると考えてください。一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。
というプロセスをたどります。長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、もちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてからおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。
ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けてのごく一般的なインプラント治療でも、院内感染の心配はあるものです。
このため、歯科医院を探すときに感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることがキーポイントの一つです。
近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をウェブサイトの中で説明している歯科医院も確実に増加していますので、あれば必ず見ておきましょう。
インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。
この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯科医の技量は厳しく問われるのでかなり治療実績には差があると考えられます。インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法だと言えます。良く検討した上で、歯科医を選ぶことがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯を入れてから、義歯だといわれることはめったにありません。あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も自然な印象を与えるのでインプラントだとカミングアウトしなければ義歯を入れたと気づかれることは考えなくて良いのです。
費用や期間より、見た目重視の方にとってこの治療方法を選ぶべきでしょう。
全てのインプラント患者にとって、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。
実際のところ、費用の総額は歯科医院それぞれでずいぶん違っています。
保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、金額は歯科医院次第です。
ただし、おおよそ相場は決まっています。
歯一本分のインプラントで、40万円前後が一般的です。
皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、きちんとメンテナンスを行った場合は自分の歯と同じくらい保つというのが一般的な説です。
すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期間トラブルなく使うことも可能ですが、日頃のケアが行き届かないと歯周病など、異常が起こることがあるということを忘れてはいけません。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ

一眼レフカメラ