手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込む

手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので埋入手術後はどの患者さんも人工物を入れられた違和感を感じています。数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないように我慢あるのみです。
十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因を探り、対応していかなくてはなりません。
こうなれば我慢は必要ありません。すぐに診療を受けましょう。
現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなくレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。
ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨の幅が足りない」ということならばもう少し粘ってみてください。最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいればかなり困難なケースでも治療できるところが増えてきました。
よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を調べ、 相談してください。
金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーをきわめて起こしにくい素材でできているからです。インプラント治療は基本的に保険外治療でほぼ全額自費とみるべきです。
余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのが一番良いでしょう。
例外はありますが、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。
全額自己負担が普通ですが、しかし、医療費控除の対象ではあります。
医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして収入から医療費を控除されます。確定申告で忘れてはならないのは歯科医でお金を払ったときにもらう領収書がお金を払った証明になるのでなくしたらおしまいのものとして暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。
少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴に人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。
見た目の問題を考えるとインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が良いと言えます。さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという覚悟もしなければなりません。
がんばって終わらせたインプラント治療も、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。
デンタルケアを欠かさないことが重要です。
毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールは欠かせませんし、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが、インプラント維持のために必要です。
インプラントは虫歯にならないとはいえ、ケアが十分でないと歯周炎などの可能性があります。もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前に既往症を完全に治しておくのは必須です。また、美容整形であごの骨に手を加えた方もリスクを背負っています。もちろん、こうした既往症があるだけで絶対治療できないとは言えません。
不安がなくなるよう歯科医に相談してください。インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから異常がなくても維持費は必要になります。
普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診に通うことを指示されます。
メンテナンスの費用は保険がきく治療がほとんどなので、約三千円とみれば良いでしょう。特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の維持費を用意しておきましょう。インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。
今では、どこで手術を受けても大して痛くないのが普通です。手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術の本番に入るためです。術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛みが出てくるケースもありますが、痛み止めは頓服として処方されますので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。
インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。全身麻酔になることはほとんどありません。ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。
また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。
腸骨など自家骨の移植手術であれば入院が必要になることもあるので、注意してください。
このような難しい治療を行う場合、信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ

一眼レフカメラ