歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるの

歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗してもやり直しできないことが多い点です。義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、インプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントの定着がみられなかった場合、普通は再手術しか手段はなく、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。インプラントの埋入も、骨を削るので周辺の神経を損傷する危険性もあります。インプラント治療を始める前に治療費が気になるのは当然です。ちょっと調べればわかりますが、治療費は歯科医院それぞれでずいぶん違っています。
インプラント治療はほとんど自由診療のため、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。
大まかな相場はありますので、心配しないでください。
インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが相場だと押さえておきましょう。
インプラント治療はどのような流れかというと、大きな3つの関門があります。最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。
第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というのが大まかなプロセスです。
人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。
このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。よくいわれるインプラントのメリットですが、仮歯を入れた後、義歯だとわかることはめったにありません。
歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く自然な感じを保てるので他の人に自分から言う必要もないのでもしかしたら義歯かと思われる心配も気にする必要はありません。自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方には最適な治療と言えます。インプラント治療を検討している方、大事なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど全ては歯科医の裁量にかかっており差は大きいと断言できます。この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法なのは明らかで、良く検討した上で、歯科医を選ぶことが治療全体の大きな部分を占めます。
皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、治療後のメンテナンス次第で本物の歯に匹敵する耐久性があるというケースが増えています。とすれば、普段のメンテナンス次第で長期間の使用も問題ありませんが、セルフケアの手を緩めると取り返しのつかない事態が起こってしまうということを肝に銘じておくべきです。代表的なインプラント適用のケースは、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないといったケースです。
例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので失った歯を直接再生する治療と言えます。
他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があると考えている患者さんには、インプラント治療を考えた方が良いですね。ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けてのよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染の可能性は否定できません。
ですから、歯科医院を決めるときに院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが大事だと心得てください。
感染症対策について、具体的な取り組みをホームページ上で公開している歯科医院も確実に増加していますので、真っ先に見ておきたいところです。
言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、お手入れなしで長持ちすると思ったら大間違いです。
傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して歯周病を引き起こすこともあるのです。
残存している歯と同様に歯科医や衛生士の指導に従って、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。
その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。骨になじんで比較的安定しやすいため、身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった十分な検査を行い、結果を検討した上で初めて治療開始となるので患者も納得し、安心して治療を開始できます。
そして、治療終了後のメンテナンスを継続することによって安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ

一眼レフカメラ