せっかく完了したインプラント治療

せっかく完了したインプラント治療も治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、セルフケアを怠ってはなりません。
日頃から丁寧に歯みがきを行い、プラークコントロールを継続した上で定期的な検診を欠かさず継続することが、インプラント維持のために必要です。どんな堅牢なインプラントでも、ケアが十分でないと歯周病になることは珍しくありません。インプラント治療も医療行為ですが、ほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。
確定申告の一項目として、医療費控除は税金の還付を申告します。
確定申告をするときの注意点として歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が医療費を払った唯一の証明ですからもらったものはしっかり取っておいて暦年で申告することになるので、保管しておいてください。歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はかなりの痛さを想像してしまうでしょう。
インプラント埋入手術を受けても、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。
手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術するのが普通だからです。術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに多少の痛みはあるかもしれませんが化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、手術後しばらくの間、患者さんは人工物を入れられた違和感を感じています。腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、違和感を感じてもくれぐれも触らないよう我慢あるのみです。もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。
指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。
歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとしてレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。
けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨の幅が足りない」ということならば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。
歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療は決して不可能ではありません。よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を調べ、 相談してください。
治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院することはめったにありません。
出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院して手術しなければならないケースもあります。
また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。
腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院することや、複数の病院で手術することもあります。これらのどこかに当てはまる方は長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。
インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にそちらの病気を完全に治すことを忘れないでください。
美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も治療が事故につながる可能性があります。
もちろん、こうした既往症があるだけで治療不可と決めつけることはできないので歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。
治療後、一見した感じでは、インプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が高い評価を得るでしょう。
加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られる覚悟もしなければなりません。
人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金など人体への親和性が極めて高い素材を用いているのです。インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。
全額自費を覚悟しましょう。
経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと治療や手術への心配がなくなるでしょう。インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も定期的に歯科医に診てもらう必要があるためその費用もみておかなければなりません。
使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。メンテナンスを受けるごとに支払う料金は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円くらいと考えてください。
従って、年間1、2万円くらいの維持費を見込んでおいてください。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ

一眼レフカメラ