入れ歯の装着に違和感があると

入れ歯の装着に違和感があるという方、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にも適用されるのがインプラント治療です。インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ上部の義歯になる部分を装着します。
入れ歯に比べれば費用はかかりますが周囲にもそれと気づかれにくく、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。
何よりも見た目の自然さや快適な使用感を要求する方に向いています。
インプラントとクラウンがどう違うかというと、歯根が自分のものであるかどうかです。
虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部を支えとして残すことができれば冠状の義歯としてクラウンという義歯をはめられます。
これに対し、抜歯した後は、もし、入れ歯を採用しない場合、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラント治療を検討することになります。
人工歯としてのインプラントは虫歯の危険性は全くありませんが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングはどこまでも続きます。
しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、インプラント周囲炎を起こしているかもしれません。
放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから早急に診察してもらわなければなりません。様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた優れた歯科医を探したいならば、国外までも探しにいくということも考えていきましょう。
インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、世界中の歯科医が研修を受けています。
一生使える第二の歯を求めて、決してあきらめてはいけません。
できる限りの情報を手に入れるしかありません。
普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、高額の費用を一度に用意できない方も決して少なくありません。
しかし、クレジットカードの分割払いや、例えば、デンタルローンと呼ばれるような独自の分割払いを取り入れた融通の利く歯科医院が多くなりました。手持ちの資金が十分でなくても、受けたい治療を受けることがあきらめなくて良くなりました。手術して人工歯根を埋め込んだ後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。
これは、人工物を埋め込んで他の歯の神経も刺激されて反応したためで、インプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることが圧倒的に多いです。
しかし、原因が他にあることも考えられるので、違和感がおさまらないときはすぐに歯科医に連絡することを心がけてください。
これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、歯科医と、歯科医院の決め方です。
この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないため様々な症例を診てきた豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。
それはもちろんのこと、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、感染症予防策をはっきり示している、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも歯科医を決めるためには重要なことです。
インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、費用の問題も大きいと思います。
おおむね保険適用外で、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても費用の差が出てきます。また、歯科医院が技術料をどう見るかで費用が異なることはもちろんです。
また、定期的なメンテナンスも必要という点にも注意が必要です。インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は決して看過できるものではありません。インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。
埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが治療の成否を分けます。
そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、最低でも手術から治療終了までの間、禁煙あるのみです。インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、しばらくの間、極力安静に過ごすように努めましょう。
日常生活でも歯に負担がかからないようにして、明らかに負荷がかかるレベルの運動は控えることが望ましいです。傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。
運動を習慣にしている方の場合はどうなったら再開できるか、歯科医と確認しておけばベターです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ

一眼レフカメラ