インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、

インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けてのありふれたケースのインプラント治療も当然、院内感染のリスクはゼロではありません。
ですから、歯科医院を決めるときにその医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが命に関わる大事な問題です。
感染症対策について、具体的な取り組みをホームページ上で具体的に示している歯科医院もどんどん増えているので、まずはそこを見てください。インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨との親和性が高く金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の十分な検査を行い、結果を検討した上で初めて治療開始となるので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。
また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを欠かさず継続することでより快適に、長期間使えるようになるのです。
インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医がどのような技量を持っているかで大きく違ってくると言うべきです。この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法なのは明らかで、できる限りよく調べて、歯科医を決めることが治療全体の大きな部分を占めます。
インプラント治療が適用されるケースとして、周辺の歯に関係なく治療したいという患者の希望がある場合です。
ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。周辺の歯に影響を与えたくないという要望がある場合、インプラント治療を優先して良いでしょう。全てのインプラント患者にとって、治療にかかる費用は気がかりでしょう。
この治療の費用は歯科医院それぞれで幅があるのが普通です。保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、金額は歯科医院次第です。
それでも、相場はあると言えます。
歯一本分のインプラントで、40万円前後が相場です。
インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってお手入れなしで長持ちするということにはなりません。
特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。
食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。
残っている自分の歯と同じく、必要なお手入れをきちんと指導してもらい、完璧なセルフケアを目指してください。
そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。
インプラントはどのくらい保つのか、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、定期的なメンテナンスが行われていれば本来の歯同様の耐久性を得られるというのが多くの意見です。とすれば、普段のメンテナンス次第で長い間自分の歯と同じように使えますが、日頃のケアが行き届かないとインプラントの維持が難しくなってしまうということを忘れてはいけません。
歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、もしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。
入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので万が一、人工歯根があごの骨に定着せず骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再度、大がかりな手術を行っていったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。
また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、周辺の神経を損傷する危険性もあります。
よくいわれるインプラントのメリットですが、治療中でも、治療後もそれとわかることは本当に少ないという点です。
見た目からしても、自分の歯のようにかなり自然にうつり、この歯はインプラントだと自分でいわなければ義歯だと気づかれることもほとんどありません。
義歯だと思われたくない方には最適な治療と言えます。
一口にインプラント治療といっても、大きな3つの関門があります。
一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成という段階を踏みます。
どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでで約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ

一眼レフカメラ