学生のうちに知っておくべきムダ毛処理の事前事後のこと

最近の脱毛サロンでは、どこでもVIO脱毛を施術しているようですが、十数年前までは必ずしもどこででもやってもらえたワケではなかったようです。大切な部分だけに、それだけ信頼できる技術力が求められていたことがその理由のようです。技術の進歩って目覚ましいですね。私が次に関心を示したのはVIO脱毛です。足の付け根に沿ったVラインだけは両ワキと同時進行で任せていますが、Vラインは足の付け根に沿った部分だけで、デリケートゾーンのほんの一部分にすぎません。もっと全体的に毛のある部分をできるだけ狭めたいし、もっとうっすらとさせたいんです。ヨーロッパのセレブの間では全剃りしてツルツルにするのが常識という話も聞きました。VIO脱毛はハイジニーナ脱毛ともいうそうで、実はハイジニーナとは「衛生」を意味する言葉が語源らしいです。ハイジニーナ脱毛は衛生面を考慮しての脱毛であることがよく分かる豆知識です。Vゾーンの完成形を満足のいくものにするための要点は、一目で分かるようなギャップをなくすことだそうです。そのために必要なのははじめのうちはVゾーンの毛を全部剃り落として薄さを目指していくのがおすすめらしいです。確かに処理跡が分かってしまうととっても残念ですからね。一たび脱毛の効果に目覚めると、他のパーツの脱毛もしたくなるという噂はある程度知っていました。自分にはまだしばらく先の話だろうと思っていたのですが、その時は予想外に早く訪れました。もともと人よりも毛が多く太いことにコンプレックスを持っていた私の興味は、早くも次の脱毛プランに向かっています。VIO脱毛の施術範囲は、脱毛サロンごとにいくらかの違いがありますが、これは問題にならない程度の分け方の違いであって、全体的に見た場合、どこも大差はないのが現実です。単なる脱毛範囲の名称の違いは気にしなくてもいいと言ってもいいでしょう。両ワキとVラインの脱毛をプロのエステティシャンにお願いするようになってから、これまではトラブルが多かった私のワキの下の肌質もかなり正常な状態まで回復することができました。今では肌トラブルをもたらしていた剃刀はあれ以来使う気にすらならなくなり、脱毛サロンで施術を受ける前に必要な自己処理はもっぱら電気シェーバーを愛用しています。これも、肌の再生にも尽力してくれるプロのエステティシャンの方のアドバイスのおかげです。そうと決まればアンダーヘアの見えないところまで脱毛してもらえるVIO脱毛しかありません。アンダーヘアって脱毛サロンでムダ毛処理してもらうようになるまでは残しておくのが一般的だと思っていましたが、なくした方が実はいいらしいということにも驚かされました。なんといっても生理の時に煩わしさが格段になくなるし、ニオイやムレを気にすることが断然少なくなるそうです。デリケートゾーンの脱毛をお願い時に心配になることのひとつが、Vゾーンの仕上がり具合です。大半の脱毛サロンでは全体の面積や形を思うがままにオーダーメイドすることができます。多くの方が希望するのは、毛のあるところは小さくして形は逆三角形らしいです。現実問題としてハイジニーナ脱毛をどこでしてもらうかなんですが、候補としては「ミュゼプラチナム」「エピレ」「ピュウベッロ」なら安心できます。回数・料金・その他の特徴など、陰毛の脱毛をするうえで参考になったサイトを紹介します。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ

一眼レフカメラ